河原電子ビジネス専門学校は修学支援新制度の認定校です。
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
音声読み上げについて
オープンキャンパス
資料請求
オンライン個別相談

卒業生の活躍

Graduation Activities
2019.08.22卒業生からのメッセージ

大川 将さん(2018年卒業)

ゲームプログラマとして                   作品のコンセプトを常に意識しています。           

プラチナゲームズ株式会社

企画開発第1グループ

大川 将さん ゲームクリエイター科 2018年卒業

常にプレイヤー視点でゲーム展開を

アプリケーションプログラマとして、ゲームのプログラムを担当しています。現在は主にボスや敵キャラのAI部分を任されています。常にプレイヤー視点でどのようなバトル展開をしたいか制作するのが面白く、自分の担当した部分を「ボスの挙動がよくなってきたね」とチームメンバーに声をかけてもらえたりするとやりがいを感じます。

開発現場ではコミュニケーションが重要

ゲーム開発はプログラマの他、企画やデザイナーなど他のセクションとのコミュニケーションが重要です。開発室はパーテーションがなく、他の職種メンバーともやり取りがしやすい環境です。チームメンバーの実装したいもの、ゲームコンセプトを的確に把握し、それをきちんと実装できるプログラマを目指しています。